読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It's All Too Much

ヒロヒサカトーの日記

俺が音楽をやる理由と、現実的な話

井乃頭蓄音団はインディーズバンドである。

“インディーズ”とは“Independent”のことであり、「独立した」とか、「自主の」といった意味だ。

だから、井乃頭蓄音団のCDは自分たちのお金でレコーディングして、「いのかしらレコード」という自主レーベルから発売、流通はウルトラ・ヴァイヴという会社を通し、全国のCD屋(amazonとかも)、さらにはファンのみんなの手元に届くという仕組みになっている。

CDを見てもらうと、小さく「INORC-●●●(数字)」と品番が書かれていて、これは「いのかしらレコード」の略だ。

来週、3rdアルバム『グッバイ東京』が全国発売されるが、これは「INORC-005」。1st『素直な自分』から数えて5枚目のCDということである。

 

この「いのかしらレコ―ド」、港区にオフィスを構え、社員証をぶらさげた1000人もの社員が朝の通勤ラッシュの中出社してくるような大企業を想像している人には申し訳ないが、なんのことはない、マネージャーとバンドメンバーが運営している極小組織だ。

法人でもないし、まぁゲリラ組織みたいなもんだ

 

つまり、俺は井乃頭蓄音団のギタリストであると同時に、いのかしらレコードの一員でもあるわけで、今日は後者として書く。

 

さて、前置きが長くなったが、いのかしらレコードの人間として、俺は時に数字と向き合わなくてはならない時がある。

 

俺は算数が大嫌いだ!小学生の時は四谷●塚の全国模試で何回もビリとった!

 

そんな俺に、数字は容赦なく現実をつきつけてくる。

直近で俺を悩ませているのが、「イニシャル数」である。

「イニシャル」とは初回出荷枚数のことで、来週発売の『グッバイ東京』が●●のお店に何枚出荷されるよ、という数字のことだ。

 

「あぁ、●●店はまたこんなに注文してくれて…だいちゅき♡」

ということもあれば、

「▲▲店、今回は0枚か…ほんとなんかすみません…」

ということもある。

 

※ちなみに井乃頭蓄音団のギタリストとしては、

「あ?この最高のCDを入荷しないなんて耳腐ってんじゃねえのか?ヴォケが!!!!」

と思っているので安心してください。

 

いや、別にいいんですよ。1000枚入荷してくれたのに2枚しか売れなかったらお店の方も大変ですからね。注文が減った部分は、前作の売上がおもわしくなかったということだし、いのかしらレコードの販促活動のいたらなさであり、井乃頭蓄音団の努力が足りませんでした。ちゃんとわかってるんで怒らないでください…

 

しかし、俺はあえて言います。CD屋さんで買おうとしてくれているみんなにはお店で予約してほしい!(ネットで買う予定の人はどうぞそのままお買い上げください!ごちゃごちゃ言ってすんません!)

 

予約が増えることで、出荷枚数が少しでも増えてほしいんですよ。

これはひとつは売上を伸ばしたいから!

きれいごと言うつもりはないですよ。少しでも売れて、次はもっと最高のCDを作りたい。俺はグラミー賞とりたいんだ!

もうひとつは、どこかのひねくれた中学生とかが偶然俺たちのCDと出会って、バンドを始めてほしい!どこかの孤独なおっさんが偶然俺たちの曲を聴いて、気晴らしにでもなってくれたらいい!

だから、どこのお店にも1枚は置いてあるようにしたいんだ!

 

いまや俺は認めます。

こういう夢を追うような生き方はエゴです!これに関してどんな批判にも甘んじましょう。

 

でもね、不思議なことにライブをしていると、そういうことを越えた何かをオーディエンスのみんなと共有できることがある。これは気のせいじゃなく、確信としてある。

 

30歳の手前から、俺はなぜ音楽をやるのか悩んだ。

よく表現は送り手と受け手がいて初めて成立するというけど、俺は人前で演奏した時間より、ひとりの部屋でジャカジャカやってる時間の方が圧倒的に長い。

別に誰も聴いてくれなくても、俺はギターを弾く。発信も受信も俺一人いれば成り立つ。それが基本だと思う。

じゃあ、なんでCDを売って、ステージに立つのか…

そして、ある朝目覚めるとスッとわかった。

 

愛と平和のためだ。

 

うん、話が宗教くさくなってきた(笑)

でも、なぜだかそれで納得した。

ライブをしていて、ステージとオーディエンスの垣根がなくなることがある。

発信者も受信者もなくなって、ひとつになる。

ひとつになれば、戦争は起きない。

 

どんな世の中になっても、俺がギターを弾き続けている限り、愛と平和の火種は消えない。そして、俺が色々な音楽から受け取った火種を誰かに伝えていきたい。

だから俺はギターを弾くのだ。

音楽をやるのだ!

 

 …

 

 

…とまぁ、こういうきれいごとばかり抜かすメンバーがやっている井乃頭蓄音団のCDを出す「いのかしらレコード」の人間として、少しでも多くのCDを出荷して、すこしでもたくさんの人の耳に届くチャンスを増やしたいわけです。

 

 そのために、誠に勝手なお願いではありますが、

11月11日(水)発売

井乃頭蓄音団3rdアルバム

『グッバイ東京』(INORC-005)

お近くのCD屋さんでのご予約、ご購入、なにとぞよろしくお願いいたします!

 

P.S. 井乃頭応援団のみんな、いつも一緒にいてくれてありがとう。俺が韓流スターだったらきっとみんなのことを「家族」って読んでた。ぺ・読んでたジュン。今回のアルバムもきっと満足してもらえると思うから、お楽しみに!

 

tower.jp

diskunion.net

www.amazon.co.jp