読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It's All Too Much

ヒロヒサカトーの日記

新福菜館 秋葉原店

昨日は秋葉原ではなしのライブ。
青柳さんが秋葉原新福菜館ができたとの情報を掴んできたので、みんなで行ってみた。
 
新福菜館(以下、新ちゃん)と出会ったのは、もう5年前くらいだろうか。
ひらくドアで京都に行った時、VOXhallの有堀a.k.a.ゲスの極み眼鏡。に教えてもらって河原町の新ちゃんに行った。
いや、VOXhallに就職するキッカケを与えてやった小野マンかもしれないし、いまや公僕となったKちゃんかもしれない。
もしくは他の誰かかもしれないが、まぁとにかく行った。
 
新ちゃんのラーメンの特徴は、焦がし醤油による真っ黒なスープ。その漆黒のブラックホールに飲み込まれそうになりながら、気がつくと飲み干してしまっている旨さである。
ちなみに炒飯も黒くて旨い。
 
黒い、旨いのまさしく3拍子そろった名店なのだ。
 
しばらくして、河原町の新ちゃんが閉店してしまってからは、同じく焦がし醤油スープの大豊ラーメンに行くのがもっぱらだが、その前は京都駅前の新ちゃんにもお世話になった。
 
そんな新ちゃんが去年、ところは東京麻布十番折りしも昼下がりこと麻布十番に出店した。
私はこのニュースを聞いて、いても立ってもいられず、ついには座ったまま1年が過ぎていた。
 
そこに秋葉原店である。
 

f:id:hirohisakato:20150908030953j:image

久しぶりの新ちゃんとの再会。思わずネギ多め。
 
期待を裏切らない、黒さ、旨さ。
河原町の新ちゃんよりは京都駅前の新ちゃんに近い上品さだ。
皿が新品過ぎて少し味気なかったが、それは時間が解決してくれるだろう。
 
さすが新ちゃん、脱帽の上敬礼である。f:id:hirohisakato:20150908033737j:image