It's All Too Much

ヒロヒサカトーの日記

MAHOROBA

いよいよ、井乃頭蓄音団のNEWアルバムが発売となる。

タイトルは『MAHOROBA』。

まほろば」は"素晴らしい場所"を意味する古語だ。

 

今作を作るにあたり、あらかじめコンセプトがはっきりあった。

わかりやすく一言でいえば、マンドリンバンジョーを使ったフォーク、カントリーサウンド。

アメリカでは昨今"アメリカーナ"と呼ばれるムーヴメントがあるが、それの影響を結構受けた。

 

とはいえ、「ちょっとやってみました」というわけではない。

ここ数年、井乃頭蓄音団は徐々にアコースティック編成でのライブにも力を入れてきたのは世界中の人が知るところだ。

そもそも、2011年の東日本大震災での原発事故や、それに伴う電力の供給不足を経験し、「電気がなくなったらバンドってどうするのかな?」と暗闇の中で真剣に考えたのがきっかけだった。

過去70年くらいの大衆音楽の歴史に電気は必要不可欠だった。

より大勢の聴衆に聴かせるため電気の力を利用して、世界中に急速に広がっていったのが今のポップミュージックだ。

だが、それ以前にもっと長い音楽の歴史があった。

電気がなくても、人は音楽をやる生き物だ。

 

井乃頭蓄音団のアコースティック編成。

ただエレキギターアコースティックギターに持ち替えるのではつまらない。

そこでヒントにしたのがブルーグラスだった。


Bill Monroe & the Bluegrass Boys - Blue Moon of Kentucky

ブルーグラスの父、ビル・モンロー。

編成はマンドリンバンジョーアコースティックギターフィドル(ヴァイオリン)、ベース(コントラバス)。

私は、昔からなぜかこの音楽が大好きだった。

なぜかはまた別の機会に書くが、たまたま、私は高校の時部活でマンドリンを弾いていた。

そして、たまたまジョニーがバンジョーを持っていた。

そこで、フィドルがいなかったりベースがエレキだったりはするものの、とりあえず始めてみたのが井乃頭蓄音団のアコースティック編成だ。

 

あれから約3年。結構上達した。

 

まぁ、電気がどうこうと言ってみたものの、実際のライブではマイクも使うし、PAスピーカーから音が出ているので、その点で偉そうなことは言えないのだが、もし明日地球上がら電気が消えても、音響の良い小さめの場所ならライブができる。

それが、自分にとっては大事なことだった。

 

難点は、弾くのがすごく難しいということくらいだ

 

実際、今回のレコーディングでも、指が痛くて痛くてずっと弱音を吐いていた。

あー指いてえ!

あー指いてえ!

そればっかり言っていたので、その声がどこかに録音されていないか心配なくらいだ。

 

肉体的にも精神的にも、自分に挑戦したアルバムだ。

チャレンジしてないアルバムなんて作りたくもないし、みんなも聴きたくないでしょ?

 

そんなアコースティックサウンドを軸にしながらも、エレキギターも活躍した。

テレ、ストラトジャズマスターグレッチレスポール

お母さんごめんなさい!やっぱりエレキが好きなんだ!

別に電気が嫌いなわけじゃないからね。

 

アコースティック&エレクトリック。

これが"MAHOROBA"サウンドだ。

youtu.be

 

歌詞の面でも、今回はメンバー同士時間をかけて話し合った。

歌詞は自分の精神を映し出したものだったりするので、それについて言い合うのは結構心がすり減る作業だ。

これがいい方法なのかどうかはわからないが、今まであまりやって来なかったのでこれも今回挑戦してみた。

結果、今まで以上に等身大な内容となった。気がする。

「ペンもアップルもパイナップルも出てこない」という批判はあるかもしれないが、そこは甘んじて受けよう。

 

ジャケットも"等身大"をテーマに写真にした。

一部で「かっこよすぎる」という批判があるが、それは仕方ない。

等身大の我々がかっこいいということなのだから、甘んじて受け入れてほしい。

f:id:hirohisakato:20161206064602j:plain

自分で思っているよりも足が短くてガッカリした点を除けば、良いジャケットになったと思う。

 

以上、私の視点から『MAHOROBA』について書き連ねてきたが、きっと他のメンバーからは違った見方が出てくると思うので、これが全てだと思わないように!

まぁ語ろうと思えばいくらでも語れるのだが、もう世の中に放たれるわけだから、あとはリスナーに委ねよう。

みんなの感想が聞きたい。

SNSに書いてくれたら検索可能な限り読むので、是非お願いします。

評論家みたいに書く必要なんてないからね。

等身大の言葉で。

そして最後にひとつだけ。

時間があるときでいいから、自分にとっての「まほろば」について考えてみてね。

 

 

MAHOROBA

MAHOROBA

 

 

レコ発!

2016年 12月 9日(金)

井乃頭蓄音団ワンマンツアー

"ワンマン道中いの栗毛2016"~渋谷編~

渋谷 CLUB QUATTRO
< 03-3477-8750 ・http://www.club-quattro.com/
時間    開場18:00 / 開演19:00
チケット  前売 ¥3,500(消費税込)※別途1ドリンク代(¥500)

[詳細・チケットのご購入はコチラ!]

 

 

ワンマン道中いの栗毛

10代の頃、つまりティーンエイジャーの頃、いつもこう思っていた。

 

バンドのツアータイトルってどうしてダサいのばっかりなんだろう?

 

そして、時が過ぎ、自分のバンドのツアータイトルはこうだ…

 

ワンマン道中いの栗毛2016

ワンマン道中いの栗毛2016

ワンマン道中いの栗毛2016

ワンマン道中いの栗毛2016

ワンマン道中いの栗毛2016!!!!

 

人生とは実に味わい深いものなのだ。

 

 

先週、名古屋と大阪でワンマンを終えた。

 

名古屋でワンマンは初めてだし、5人くらい来てくれたら最高の演奏をしようと思っていたところ、思いのほかたくさんの人が来てくれて、超最高のライブになった

まだ発売してもいない『MAHOROBA』の曲で盛り上がってくれたり、お馴染みの曲ではみんなで歌ってくれた。

名古屋は生まれ故郷でもあるし、離れてだいぶ経ってしまったけれど、受け入れてくれる人がいると思うとやっぱり嬉しいものだ。

 

大阪は今年の初めに"グッバイ東京ツアー"でワンマンをやった。

なので、もう誰も来ないだろうと思っていたら、前回よりもたくさんの人が来てくれて、超最高のライブになった

途中ベースの音が鳴らなくなるトラブルがあったが、超最高のMCでその場をつなぐことができたのも良かった。

大阪という縁もゆかりもない土地で、これまで出会った人たちは、本当に音楽を通じて出会った人たちばかりだ。

もう会えなくなってしまった人もいるが、あの日GANZにいた全員が、今の私にとっての大阪という場所だ。

 

こんなブログ誰一人として読んでないだろうから書くけど、

私は今売れてる音楽のことが全くと言っていいほどわからない。

パイナップルもアップルもペンもぜんぜん全然わからない。

これは悲しいかな、私の了見が狭いからだと心から思っている。

人間、10年も経てば自分のバンドのツアータイトルがダ●くても平気になる(むしろ良いと思う)ように、今わからないからと言ってそれが悪いものだとは到底言い切れないのだ。

だが、そんな中にいて、私はやっぱり今自分がいいと思うことしかできない。

そして、それを同じようにいいと言ってくれる人がいるということに、どれだけ勇気づけられているか。

名古屋、大阪、それに各地から遠征してきてくれた人たちに、心から感謝しています。

ありがとう!

 

誰一人読んでないとか言いながらここでお礼を言ってしまったぜ!

 

さて、ワンマンツアーも残すところ渋谷CLUB QUATTROのみ!

案外

チケット

売れてません!(涙)

が、

あと10日くらい、井乃頭蓄音団の音楽を必要としている人たちに届けられるように頑張っていこうと思う!

いつものことですが、ご協力お願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2016年 12月 9日(金)

井乃頭蓄音団ワンマンツアー

"ワンマン道中いの栗毛2016"

渋谷 CLUB QUATTRO
< 03-3477-8750 ・http://www.club-quattro.com/
時間    開場18:00 / 開演19:00
チケット  前売 ¥3,500(消費税込)※別途1ドリンク代(¥500)

[詳細・チケットのご購入はコチラ!]

トランプ

昨日、青山のうどん屋で茄子の煮おろしに舌鼓を打っていたところ、隣の席に若い男女が座った。

若いと言っても20代中ごろ以降。

服装、会話から言って、まず間違いなくアパレル系。

(青山のアパレル系勤務の若者もうどん屋に来るんだ。忘れないでくれ。)

で、しばらくすると女の方が鞄からトランプを取り出した。

仕事の関係でもらったものらしい。

男がそれを見てこう言った。

 

「へー、任天堂ってトランプなんか作ってるんだ?」

 

想像してほしい。

これを聞いた時の私のもどかしい気持ち。

あーモヤモヤする!思い出しただけでもモヤモヤする!

 

「ノベルティか何かかな?」

 

いや、そうかもしれんけど!もらったって言ってるんだし!

でもそういうことじゃないでしょ!

 

「なんか硬いしツルツルしてるんだよね。」

 

そう、それプラスチックだから!耐久性に優れてるから!

 

 

言いたい。

俺はこの若者に言ってやりたい。

変な奴だと思われてもいい。

任天堂の名誉のために。

この若者の未来のために。

ひいては、アパレル業界の未来のために!!!!

 

 

 

任天堂は日本で最初にトランプ作った会社だから!!!!!」

 

 

 

 

だが、私は言えなかった。

知らない長髪のおっさんが急に話しかけてきて、得意げに花札がどうだの、タバコ屋がどうだの言いだしたらこのアパレルはどう思うだろう。

ていうか、アパレル的にそれどうなんだろう?

 

ちょっと任天堂の歴史を知ってるからってそんなに偉いんですか?

知ってたって任天堂で働いてるわけじゃないんですよね?

大体そのセーターのリブから覗いてるTシャツのリブの幅が太すぎるんですけど!

 

ああ、そうだ。

彼らは(任天堂の)歴史よりも、生活の哲学(リブの幅)を重んじる者たちだ。

実際、私に何の功績があると言いうのだ。

(任天堂)の威を借りて偉そうに講釈を垂れて、一体何が変わるというのだ…

 

今後、二度と任天堂のトランプの話はしまい。

そう。

隠れトランピストとして生きていこう。

 

私はそのまま箸を置き、ポケモンGoを起動した。

私の肩の上のピカチュウが少し悲しそうに見える。

 

「ごめんな、ピカチュウ。言えなかったよ。」

「ピカァ…」

「情けないトレーナーでごめんな。」

「ピカ!ピカ!」

「そうかい?ありがとうピカチュウ。俺もっと頑張るよ。頑張って頑張って、ポケモンマスターになるからさ。」

「ピッカ!ピッカ!ピッカチュ~!!!!(最近は知的財産権で儲けてるから大丈夫)」

 

帰り道、子供のころ使っていた任天堂のトランプを思い出した。

赤と緑の縦じま模様。

あのプラスティックのカードをシャッフルするときの感触。

正直手が切れそうで怖かった。

 久しぶりにトランプで遊びたくなった。

 

 

大統領選の話じゃなくてごめん。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

井乃頭蓄音団 初の東名阪ワンマンツアー 
“ワンマン道中いの栗毛2016”

11/23(水・祝) 名古屋ell.SIZE

11/26(土) 大阪GANZ toi,toi,toi

12/9(金) 東京・渋谷CLUB QUATTRO

[各公演の詳細・チケットのご購入はコチラ]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

井乃頭蓄音団 NEWアルバム

『MAHOROBA』

2016年12月7日(水)発売‼

MAHOROBA

MAHOROBA

 

 

youtu.be

youtu.be

 

君の名は。

君の名は。」をまだ観ていない。

僕のまわりでも「キュンとした~」とか「色が綺麗~」とか「運命の相手なんだよね~」とか、とにかく悪い感想は聞かないし、観たい気持ちはあったのだが、タイミングがなかった。

 

とりあえず、現時点で私が知っている情報を列挙してみよう。

・(ポスターの絵から推し量るに)中学生か高校生の男女が主人公である。

・(ポスターの絵から推し量るに)アニメーションである。

・(タイトルから推し量るに)名前が重要なテーマである。

・「キュンとする」「運命の相手」といった感想から、一般的に恋愛が主題と思われる。が、断定はできない。

・色が綺麗。これはストーリーには直接関係ない?

・夢の中で入れ替わる。

 

ここから、ストーリーを推理してみようと思う。

f:id:hirohisakato:20161109012604j:plain

これがポスターである。

まず、「新海誠監督 最新作」とあるので、これがデビュー作ではないことがわかる。

しかも、声優陣を見れば、それ相応のお金をかけた作品であることは、ほぼ間違いない。(全員友情出演という可能性も捨てきれないが、だとすれば新海何某の人間性が素晴らしいとか、制作側に声優陣の弱みを握っている者がいるとか考えられる。が、その可能性は確認しようがないので、置いておく。) 

つまり、ある程度かそれなりの、もしくはかなりの経験を積んだ監督による、製作費をかけた映画である。

 

次に、キャッチコピー。

「まだ会ったことのない君を、探している。」

これはかなりのヒントである。

すでに入手している「夢の中で入れ替わる」という情報ともつながるところだ。

つまり、中学生か高校生の男女が、どういうわけか夢の中で入れ替わる

そして、その相手をどちらか一方、もしくはお互いが探すというのが、この作品の大筋となる。

 

さて、次は絵に視線を移そう。

まず登場人物の二人。

男性は短髪で、色は少し茶色がかっている。

制服はかなり凝ったデザインで、私立だと推測される。

半袖なので季節は初夏から夏の終わり。汗一つかいていない涼しげな表情と、髪・肌の色、荷物の少なさから運動系の部活ではないだろう。帰宅部かもしれない(声優が神木隆之介というのも、なんとなく帰宅部を思わせる)

女性は黒髪。

制服はシンプルだが、だからと言って公立とは言い切れない。

部活の判定も難しいが、太ももの感じから陸上部の可能性は指摘しておきたい。

 

そして、このポスターで最も重要と言っていいのが二人の背景だ。

お気づきだろうか…?

なんとこの二人は同じ絵の中にあって、別の場所にいるのだ!

男性はビルが建ち並ぶ都会。

それも…あぁ!決定的だこれは!!

六本木ヒルズと東京タワーが見えてるじゃないか!

位置関係からすると、赤坂、青山…とにかくかなりの都会っ子と考えてほぼ間違いないだろう(もちろん修学旅行でひとり自由行動をしてる可能性も否定できないが)

そして、女性がいるのは…崖!?

もしくは堤防のようにも見えるが、とにかく自然に囲まれた田舎で生活していることを示唆している。

だが、男性のほうに比べて情報が少なすぎる…

 

いや…

 

待てよ…?

 

この子、かなりスカート短くないか?

 

これは私の偏見に過ぎないが、どちらかと言えば都会の学生はスカートが短く、田舎では長いと信じて32年間生きてきた。

しかし、グーグルで検索した結果、衝撃の情報が目に飛び込んできたのだ。

 

「日本一女子高生のスカートが短いのは新潟県

 

そ、そうだったのか!

私は自分の無知を恥じた。

あえて断言しよう。

この主人公の女性は新潟県在住である、と!

 

整理すると、港区界隈を活動範囲とする帰宅部の男の子と、新潟県在住の陸上部に所属する女の子を中心としたストーリーである。

 

さて、ここまで順調に推理してきたが、大きな壁にぶつかった。

「夢の中で入れ替わる」

というキーワード。

正直、男女の魂が入れ替わる恋愛モノは珍しくないが、それはお互いが起きていることが一般的だ。

だが、私の情報が正しければ、「夢の中」で入れ替わるのだから、入れ替わっている時にはお互い寝ていることになる。

となると、お互いが入れ替わっている間にメモを残したり、日記を盗み見たり、異性の身体的特徴を確認してみたり、というお決まりのパターンは使えない。

寝てるんだから。

うーん…

考えられるのは、まず明晰夢という可能性。

これは夢の中で自由の行動できるので、入れ替わっている間に相手を特定することが可能かもしれない。

あとは、実は起きるという可能性。

あくまで夢の中で入れ替わるのだが、そのあとも人格が入れ替わったまま起きて行動できる。

ストーリーの広がりを考えると後者かな。

なんにせよ、ただ入れ替わっているだけではお互いの人格を直接知ることができないので(お互いの所有物、家族、友人などの環境から間接的に知るしかない)、恋に落ちる可能性がかなり低くなる。

そこで推測にはなるが、

時々見る特定の夢の中に現れる知らない異性。

目が覚めるとなんとお互いの魂(精神、心?)が入れ替わっており…

 

待った。

 

肉体が入れ替わる可能性も捨てきれない。

 

 

朝食を食べにリビングに行くと、なぜか驚きの声を上げる家族。

父「お前誰だ!?」

そう、娘の部屋から知らない男が出てきたのだ。

主人公「え、何言ってるの?父さん?」

父「お前に父さんと言われる筋合いは…って言ってる場合か!母さん、警察に電話だ!」

主人公「え、え、やだ!やめて父さん!」

 

まもなく警察が来て、現行犯逮捕される主人公。

取り調べ室。

 

警察官「えー、じゃあ色々聞いていくけど、ここでの発言は裁判で不利な証拠になる場合もあるから注意してね。

まず、君の名は?

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

井乃頭蓄音団 初の東名阪ワンマンツアー 
“ワンマン道中いの栗毛2016”

11/23(水・祝) 名古屋ell.SIZE

11/26(土) 大阪GANZ toi,toi,toi

12/9(金) 東京・渋谷CLUB QUATTRO

[各公演の詳細・チケットのご購入はコチラ]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

井乃頭蓄音団 NEWアルバム

『MAHOROBA』

2016年12月7日(水)発売‼

MAHOROBA

MAHOROBA

 

 

youtu.be

正直なアルバム

井乃頭蓄音団はNEWアルバム『MAHOROBA』を12月7日(水)に発売します。

『おかえりロンサムジョージ』『グッバイ東京』に続いて、3年連続でアルバムを出せるのは、いままでCDやグッズを買ってくれたり、ライブに来てくれたりした皆さんのおかげです。

本当にありがとうございます!

 


井乃頭蓄音団 4thアルバム『MAHOROBA』全曲試聴 【Official】

 

楽曲解説とか、命を削って作りました!とか、言ったほうがいいのかもしれないが、どうしても性格的に言いたくない(笑)

「良いものだと信じてリリースします。気に入ったら買って下さい。」

とだけ言わせてください。

あと、

「他の人にも伝えたい!と思ったら、躊躇せずオススメしてあげてください。」

とも言わせてください(笑)

 

あんまりね、扇動するようなことは言いたくないんだけど、強い言葉合戦になっちゃうでしょ。どうしても。

歌詞でも、Twitterでも。

わかりやすくて、強い言葉。

僕も別に嫌いじゃないんですけどね。でも、そこまで好きでもないんだよね。

騙されないぞ!って警戒しちゃう。

難しいところだよ。気分によるし。

正直者でいたい気分です。

 

そうね、今回は正直なアルバムです!

いいアルバムができた。みんなも楽しみにしていてね!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

そして、今月からワンマンツアーも始まります!

井乃頭蓄音団 初の東名阪ワンマンツアー 
“ワンマン道中いの栗毛2016”

11/23(水・祝) 名古屋ell.SIZE [チケット詳細]

11/26(土) 大阪GANZ toi,toi,toi [チケット詳細]

12/9(金) 東京・渋谷CLUB QUATTRO [チケット詳細]

 

名古屋と大阪ではニューアルバムを会場限定先行発売します!

クアトロはレコ発だから、もう何も恐れず盛り上がろう!(笑)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今夜の大統領選を楽しみに、PCを閉じます。

皆さんが今日も楽しく1日を終えられますように!

幸せな家庭

先週末、学生時代の友人H君の新居に招待されたのでお邪魔してきた。

 

H君とは大学のゼミが同じで、毎週木曜ゼミのあとに近くのドトールかエクセルで私の人生論を聞いてくれた優しい男だ。20歳頃という多感な時期に私の講義を散々聞かされた彼は、むしろ私のゼミ生だったと言ってもいい

延々と机上の空論を並べ連ねる私に隠れてしっかり就職活動をしていた教え子H君は、今年1月に結婚式を挙げ、このたび新居を構えたのだ。

 

最寄駅から電話すると5分ほどで現れたH君。恩師を待たせるとはけしからんが、持ち前の爽やかな笑顔に振りあげた拳をそっと収めた。

他愛のない話をしながら歩き始める。所詮32歳の男が都内の家に買っ家だ。駅からそれなりに歩くだろう。ニューバランスのスニーカーを履いてきてよかった。さて、思い出話でも…と始めたところで、唐突にH君が「あそこ」と指をさした。

 

一軒家(徒歩5分)だと…?

 

「へー!素敵な家だね!3階建てなんだね?」

H「地下もあるけど物置になってるんだ。」

そんな会話を交わしつつチラリと表札を確認すると、しっかり「H」を書かれている。どうやら嘘をついてるわけではなさそうだ。

 

「お邪魔します!」

リビングに入ると、H君夫妻、ご両親、H君の姉とその同僚2人がヒトラーに熱狂するドイツ国民のように出迎えてくれた。すごい歓迎ぶりだ。

何を隠そう、私はH君の披露宴で井乃頭蓄音団の「カントリーロード」を熱唱し、親族一同に喝采を浴びた男なのだ

 

テーブルに着くと、豪勢な食事が次々と運ばれてきた。

それらを口に運びつつ、軽快なトークを繰り広げる私。ビートルズが来日した時の若者のような興奮ぶりでそれに応えるご家族のみなさん。

食事が進むにつれ、自分の家なんじゃないかと錯覚してきた。

 

食事が終わると、突如どこからともなく大きなホールケーキが。

「やだなぁ母さん、僕の誕生日は4月だよ!」

と言いかけたところでH君の嫁の誕生日祝いが始まった!

え、今日そういう日なの?俺何も聞いてないんだけど?

動揺しつつも「知ってましたよ」顔でハッピーバースデーを歌う私。そして、アルバイト経験を活かし、ケーキを切り分ける私。

「お母さん、まず包丁にお湯をかけると綺麗に切れるんですよ!」

その姿をなぜか写メりまくるH家の人々…

こうして、家族団らんの夜は楽しく過ぎていった…。

 

 

が、

 

 

絵に描いたような幸せな家庭に限って、闇があったりするものだ。

むしろ闇があってほしい。

そう考えた私は目を皿にして、重箱の隅をつつくように観察したが、H君の家には残念ながらそのような予兆すら感じられなかった。

だが、先のことはわからない。

必ず闇は訪れる。

そうなった時、H家を崩壊から救うような1曲を生み出すのが、私の音楽家としての使命だと心に刻んだのであった。

 

                             

井乃頭蓄音団、初の東名阪ワンマンツアー

“ワンマン道中いの栗毛2016”

①2016年 11月 23日(祝・水)名古屋 ell. SIZE 

http://www.ell.co.jp/liveinfo/sizeliveschedule/

■時間:開場 17:30 / 開演 18:00
■チケット:前売:¥3,000(消費税込)
※当日1ドリンク代(¥500)が別途かかります。
※全自由/入場整理番号付。

★一般発売日:9月 3日(土)
・チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:304 – 097 )
ローソンチケット 0570-084-004 (Lコード:41410 )
・e+(イープラス) http://eplus.jp
・井乃頭蓄音団(メール予約) info@inokashira.jp ※メール予約は、件名にご希望日、本文にお名前(なるべくフルネーム、カタカナで)、枚数を必ず明記してください。

お問い合わせ先:E.L.L. 052-201-5004

主催:E.L.L.
企画・制作:井乃頭蓄音団
制作協力:GRATEFUL/DOOBIE

②2016年 11月 26日(土)大阪 GANZ toi,toi,toi 

ganztoitoitoi.com

■時間:開場 18:00 / 開演 19:00
■チケット:前売:¥3,000(消費税込)
※当日1ドリンク代(¥500)が別途かかります。
※全自由/入場整理番号付。

★一般発売日:9月 17日(土)
・チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:310-109 )
ローソンチケット 0570-084-004 (Lコード:57514 )
・e+(イープラス) http://eplus.jp
・井乃頭蓄音団(メール予約) info@inokashira.jp ※メール予約は、件名にご希望日、本文にお名前(なるべくフルネーム、カタカナで)、枚数を必ず明記してください。

お問い合わせ先:GANZ toi,toi,toi / 06-6366-5515

主催:井乃頭蓄音団 / GANZ toi,toi,toi
企画・制作:井乃頭蓄音団
制作協力:GRATEFUL/DOOBIE

③2016年 12月 9日(金)渋谷 CLUB QUATTRO 

www.club-quattro.com

■時間:開場18:00 / 開演19:00
■チケット:前売 ¥3,500(消費税込)
※全席自由/入場整理番号付。
※当日1ドリンク代(¥500)が別途かかります。

★一般発売日:9月 17日(土)
・チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:308 – 257 )
ローソンチケット 0570-084-003 (Lコード:75626 )
・e+(イープラス) 
・PassMarket
・井乃頭蓄音団 info@inokashira.jp
CLUB QUATTRO ※会場での直接販売有!

お問い合わせ先:渋谷クラブクアトロ / 03-3477-8750

主催:PARCO
企画:井乃頭蓄音団
制作:GRATEFUL/DOOBIE

俺が音楽をやる理由と、現実的な話

井乃頭蓄音団はインディーズバンドである。

“インディーズ”とは“Independent”のことであり、「独立した」とか、「自主の」といった意味だ。

だから、井乃頭蓄音団のCDは自分たちのお金でレコーディングして、「いのかしらレコード」という自主レーベルから発売、流通はウルトラ・ヴァイヴという会社を通し、全国のCD屋(amazonとかも)、さらにはファンのみんなの手元に届くという仕組みになっている。

CDを見てもらうと、小さく「INORC-●●●(数字)」と品番が書かれていて、これは「いのかしらレコード」の略だ。

来週、3rdアルバム『グッバイ東京』が全国発売されるが、これは「INORC-005」。1st『素直な自分』から数えて5枚目のCDということである。

 

この「いのかしらレコ―ド」、港区にオフィスを構え、社員証をぶらさげた1000人もの社員が朝の通勤ラッシュの中出社してくるような大企業を想像している人には申し訳ないが、なんのことはない、マネージャーとバンドメンバーが運営している極小組織だ。

法人でもないし、まぁゲリラ組織みたいなもんだ

 

つまり、俺は井乃頭蓄音団のギタリストであると同時に、いのかしらレコードの一員でもあるわけで、今日は後者として書く。

 

さて、前置きが長くなったが、いのかしらレコードの人間として、俺は時に数字と向き合わなくてはならない時がある。

 

俺は算数が大嫌いだ!小学生の時は四谷●塚の全国模試で何回もビリとった!

 

そんな俺に、数字は容赦なく現実をつきつけてくる。

直近で俺を悩ませているのが、「イニシャル数」である。

「イニシャル」とは初回出荷枚数のことで、来週発売の『グッバイ東京』が●●のお店に何枚出荷されるよ、という数字のことだ。

 

「あぁ、●●店はまたこんなに注文してくれて…だいちゅき♡」

ということもあれば、

「▲▲店、今回は0枚か…ほんとなんかすみません…」

ということもある。

 

※ちなみに井乃頭蓄音団のギタリストとしては、

「あ?この最高のCDを入荷しないなんて耳腐ってんじゃねえのか?ヴォケが!!!!」

と思っているので安心してください。

 

いや、別にいいんですよ。1000枚入荷してくれたのに2枚しか売れなかったらお店の方も大変ですからね。注文が減った部分は、前作の売上がおもわしくなかったということだし、いのかしらレコードの販促活動のいたらなさであり、井乃頭蓄音団の努力が足りませんでした。ちゃんとわかってるんで怒らないでください…

 

しかし、俺はあえて言います。CD屋さんで買おうとしてくれているみんなにはお店で予約してほしい!(ネットで買う予定の人はどうぞそのままお買い上げください!ごちゃごちゃ言ってすんません!)

 

予約が増えることで、出荷枚数が少しでも増えてほしいんですよ。

これはひとつは売上を伸ばしたいから!

きれいごと言うつもりはないですよ。少しでも売れて、次はもっと最高のCDを作りたい。俺はグラミー賞とりたいんだ!

もうひとつは、どこかのひねくれた中学生とかが偶然俺たちのCDと出会って、バンドを始めてほしい!どこかの孤独なおっさんが偶然俺たちの曲を聴いて、気晴らしにでもなってくれたらいい!

だから、どこのお店にも1枚は置いてあるようにしたいんだ!

 

いまや俺は認めます。

こういう夢を追うような生き方はエゴです!これに関してどんな批判にも甘んじましょう。

 

でもね、不思議なことにライブをしていると、そういうことを越えた何かをオーディエンスのみんなと共有できることがある。これは気のせいじゃなく、確信としてある。

 

30歳の手前から、俺はなぜ音楽をやるのか悩んだ。

よく表現は送り手と受け手がいて初めて成立するというけど、俺は人前で演奏した時間より、ひとりの部屋でジャカジャカやってる時間の方が圧倒的に長い。

別に誰も聴いてくれなくても、俺はギターを弾く。発信も受信も俺一人いれば成り立つ。それが基本だと思う。

じゃあ、なんでCDを売って、ステージに立つのか…

そして、ある朝目覚めるとスッとわかった。

 

愛と平和のためだ。

 

うん、話が宗教くさくなってきた(笑)

でも、なぜだかそれで納得した。

ライブをしていて、ステージとオーディエンスの垣根がなくなることがある。

発信者も受信者もなくなって、ひとつになる。

ひとつになれば、戦争は起きない。

 

どんな世の中になっても、俺がギターを弾き続けている限り、愛と平和の火種は消えない。そして、俺が色々な音楽から受け取った火種を誰かに伝えていきたい。

だから俺はギターを弾くのだ。

音楽をやるのだ!

 

 …

 

 

…とまぁ、こういうきれいごとばかり抜かすメンバーがやっている井乃頭蓄音団のCDを出す「いのかしらレコード」の人間として、少しでも多くのCDを出荷して、すこしでもたくさんの人の耳に届くチャンスを増やしたいわけです。

 

 そのために、誠に勝手なお願いではありますが、

11月11日(水)発売

井乃頭蓄音団3rdアルバム

『グッバイ東京』(INORC-005)

お近くのCD屋さんでのご予約、ご購入、なにとぞよろしくお願いいたします!

 

P.S. 井乃頭応援団のみんな、いつも一緒にいてくれてありがとう。俺が韓流スターだったらきっとみんなのことを「家族」って読んでた。ぺ・読んでたジュン。今回のアルバムもきっと満足してもらえると思うから、お楽しみに!

 

tower.jp

diskunion.net

www.amazon.co.jp